東京都 渋谷区・恵比寿で「ボイス・トレーニング」「ギターレッスン」ができる ghostnote records
タイトル
タイトル

ボイストレーニングスクールでは、一般的にどのような指導をしているの?

ボイストレーニングは、プロを志向する人に限らず、音痴を直したい、カラオケが上手くなりたい、ビジネスの場で活用したいなど、スキルに対するニーズが広がっています。
しかしながら独学では実践的に理解しづらく、スクールに通って学ぶもの、といった印象があります。ボイストレーニングスクールで行われる指導とは、どの様な内容なのでしょうか。

■正しい呼吸法とは
ボイストレーニングスクールでは、スクールによってマンツーマンもしくは、複数受講者といういずれかの方法の違いがあります。ゴーストノートではマンツーマンにこだわりレッスンを提供しています。
指導の内容については、多くのスクールでは呼吸法、発声法、表現法を3本柱に据えて指導をおこなうことで共通しています。3本柱の目的を細分化し、それぞれスクールによって独自のノウハウをもとにしたメソッドがあります。
呼吸法では、正しい腹式呼吸の方法について、実践を踏まえて指導を受けます。呼吸を正しく行うことがすべての基本となります。腹式呼吸をおこなうことで、横隔膜を鍛え、ハリのある声が出せるようになります。自宅でも繰り返し練習することで、正しい呼吸法が身につきます。

■発声法と表現法を学ぶ
発声法では、声量を大きくして、滑舌の良い発音ができるように指導を受けます。声量を大きくすることによって、メッセージが伝わりやすく、喉への負担を軽減し、余分な疲れが出ないようになります。滑舌を良くすることで母音と子音がきれいに発音できますので、相手にわかりやすい印象を与えることができます。
表現法については、ボーカルであったり、スピーチやプレゼンであったりと、目的ごとに指導内容が異なってきます。目的にふさわしい表現力を身につけるため、実際のシーンを想定した実践的なスキルを身につけることができます。
これらの3本柱以外には、身体をほぐすようなエクササイズなどがあります。ボイストレーニングでは、呼吸や発声を正しく行うには、上半身を余計な力が入っていない、リラックスした状態であることが重要です。

■スキルを身につけるために
ボイストレーニングスクールの指導は、あくまでも効果的な方法を学ぶ機会です。それらの方法を、自分自身で毎日繰り返しトレーニングを実践することで身につきます。
身につけたスキルを必要とされるシーンで活用できるように、継続していくことが重要です。