ミックスボイスについて

ミックスボイス、ミドルボイスって?

◯ミックスボイス難民なあなたへ

“ミックスボイス”という言葉、「高音を歌えるようになりたい」「高音を楽に出せるようになりたい」と本気で考えた人なら一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?
でもその習得方法などはミュージックスクールによっても、Youtube上でも、色んな違った練習法が書かれていて、「結局一体どうしたらいいの?」「結局できてるのかよく分からない」とミックスボイス難民と化している人も多いのではないかと思います。
そんな皆さん、ぜひ最後まで読んでみてください!

◯ミックスボイスの正体

“ミックスボイス”というのはとても単純。”チェストボイス”と”ヘッドボイス”を繋ぐその間の歌声のことです。
”チェストボイス”と”ヘッドボイス”ってそもそも何?という所から説明していきましょう。

“チェストボイス”というのはその名の通り、”胸”が鳴る声のこと。地声とも言いますが、大きく違うのは胸の空洞(胸腔)が鳴っていること。それによって無理やり大きな声を出さずとも響く声になる、それが”チェストボイス”です。ざっくり言えば低音の良い声ですね。

次に”ヘッドボイス”というのは今度は”頭”が鳴る声のことです。裏声とも言いますがただの裏声ではなく顔全体が(主に鼻の鼻腔)が鳴っているということ。それによって弱々しい裏声ではなく、芯のある高音になります。ただ音域としては裏声なので、それは普通の地声では出ない高さも出せる発声となります。

そして”ミックスボイス”というのはその”チェストボイス”と”ヘッドボイス”を繋ぐ歌声、ということになります。
要は低音の地声や高音の裏声もそれぞれ無理やり大きな声を張る必要は無く、それを綺麗に繋いでいった途中の歌声、それが”ミックスボイス”なのです。

◯簡単な練習方法?

ネットなどでは『ミックスボイスがすぐにできるようになる方法』というような言葉が踊っていますが、先ほどの説明を読んで下さった皆さんは「じゃあミックスボイスのコツを覚えればいいんだな!」なんてことじゃあ無い、っていうことは薄々感づいてるはず。
そう、まずはしっかりした”チェストボイス” ”ヘッドボイス”を正しい腹式呼吸で練習・習得して、それをなめらかに繋げることで初めてしっかりした”ミックスボイス”が生まれるのです。

◯ちゃんとミックスボイスを習得するには

まずはしっかりした”チェストボイス”と”ヘッドボイス”を、正しい呼吸法で学ぶことです。
「そんな長い道のりは自分には無理だ…」と思った方、たくさん歌った方が歌が上手くなるのはもちろんです。
ただ、むやみやたらと練習するのではなく、プロのボイストレーナーに正しい呼吸・発声ができているかを見てもらうことで、飛躍的に理解・成長のスピードが上がります。何より、それがボイストレーナーの役目なのです。

◯最後に

高音を綺麗に、かつ楽に発声できるよになることで歌うことが今の何倍も、何十倍も楽しくなります。
そして良い声の出し方がわかるとそれだけでも今までと歌うこと、声を出すことが楽しい!と気持ちが変わります。

ゴーストノートレコーズでは現役のプロ講師が初心者の方からプロ志望の方まで、しっかりと丁寧に教えていきます。
まずは体験レッスンへお申し込みください!

洋楽ボイストレーニング・渋谷恵比寿のボイトレ・ギター教室 ゴーストノートレコーズ

ボイストレーニング洋楽、ウクレレレッスン、アコースティックギター、エレキギターのレッスンなら

  • 所在地:〒150-0021
    東京都渋谷区恵比寿西2-17-22
    アプリュスⅡ 4F
  • 電話:03-3780-0848 Call
  • 時間:11:00〜22:00
  • アクセス
    東急東横線 代官山駅東口より徒歩4分
    JR山手線、営団地下鉄(東京メトロ)
    恵比寿駅より徒歩5分