高音について

高音についてのお話し

◯高音を楽に、自由に歌えるようになりたい方へ

歌うことが好きな方なら有名アーティストの曲、自分の好きな曲を歌おうとした際に「こんな高い音出ない!」と思ったことがあるんじゃないでしょうか?それを無理やり歌おうとして声が裏返ってしまったり、高いメロディだけ裏声で歌おうとして弱々しくなってしまったり…
じゃあどうやったら高音の楽曲を歌いこなせるようになるのでしょうか?

◯歌うということは自分の体をコントロールすること

有名なボーカリストの中には元々声が高い人もいます。しかし、プロのシンガーは地声の低い・高いに関係無く自分の出せる音域を自在にコントロールすることができるので、低音から高音まで自分の体をコントロールして綺麗な歌声を発するのです。これを無理やり声を張って高い音を歌ってしまうと声帯を痛めたり、誰かが聴いた時に不快な歌声になってしまいます。

◯綺麗な高音を出すために

高音を自在に出すには様々な体の部位を使いこなす必要があります。

まず輪状甲状筋(CT)という筋肉で音程をコントロールし、声が裏返らないように声帯の閉鎖具合と呼吸の強さをコントロールし、咽頭を下げ空気の通り道を作り、力を抜いた状態で鼻腔共鳴も使い無理無く声を響かせる。そして裏声を使う場合は顔全体を響かせしっかりヘッドボイスを出せるようにして、弱々しい裏声にならないようにする。

つまり、体の色んな部分をうまく使いこなすことで高音を綺麗に、かつ自在に歌いこなすことができるようになるのです。

◯高音を出すのはそんなに難しい?

確かに、上に挙げたような体のコントロールを自分で理解してパッと高音を歌えるようするのはとても困難です。
しかし、まずは自分のそもそもの音域を確認して、今高音がうまく歌えない原因が、

・輪状甲状筋がうまく使えてないからなのか
・声帯が息の強さに負けてうまく声が出ていないのか
・咽頭が上がってしまって空気の通り道が塞がってしまっているのか…

など、原因を一つ一つ確認しながら、シンガーそれぞれに一番ベストな高音を出す感覚をつかんでもらわなければいけません。
しかし、高音を歌えるようになったとき、あなたの歌う楽しさは何倍にもなることでしょう。

◯まずはプロに見てもらうこと

最終的に声、つまり体をコントロールするのは自分です。でも、自分の体に違和感があったとき、例えば病院に行って原因を診察して診てもらいますよね?これを自分で勝手に解釈して変な癖をつけてしまうと、後々余計に身体の負担になってしまったり、そもそも自分の違和感が解消されない、ということになってしまいます。

まずはプロのトレーナーに見てもらうことがとても大切。

ゴーストノートレコーズでは現役で活躍するプロのボイストレーナーがあなたの悩みを一つ一つ聞いた上で、最善の解決策を提案し、歌うことの楽しさの発見のお手伝いをします。

気軽に受けられる体験レッスンもありますので、まずはお気軽にご相談下さい。

洋楽ボイストレーニング・渋谷恵比寿のボイトレ・ギター教室 ゴーストノートレコーズ

ボイストレーニング洋楽、ウクレレレッスン、アコースティックギター、エレキギターのレッスンなら

  • 所在地:〒150-0021
    東京都渋谷区恵比寿西2-17-22
    アプリュスⅡ 4F
  • 電話:03-3780-0848 Call
  • 時間:11:00〜22:00
  • アクセス
    東急東横線 代官山駅東口より徒歩4分
    JR山手線、営団地下鉄(東京メトロ)
    恵比寿駅より徒歩5分