チェストボイスって何?

◎チェストボイスってなに?

「歌がうまくなりたい!」という方の中で、高いキーで歌えるようになることを第一に目指して練習する方は多いんじゃないでしょうか?
実際、"どうやったら高音が出るようになるのか"というワードはネットでも本でも山のように見つかるワード。検索する方も多いのでしょう。実際、有名なボーカリストはキーが高いことも多いです。最近だとOfficial髭男dismなんかはすごくハイトーンボイスですよね。「あんな風になりたい!」分かります。
しかし勘違いしてはいけません、"歌が上手い"="高い声が出る"ことでは決してありません。
歌というのは、声をコントロールすること。もちろん自分の声をコントロールした先に高音も存在する。それを忘れてはいけません。

まずは自分が出しやすい低域〜中低域を、しっかりコントロールして響かせる、そこからスタートしなければ本当の意味で歌は上手くならないのです。


◯チェストボイスとは?

歌声というのはただ話し声と同じように発声していても、全く上手く聴こえません。
しっかりとした腹式呼吸を使って、体のどこかを響かせることで本当の"歌声"になります。
そして低域〜中低域を響かせる際に使うのがチェストボイス。
アマチュアの方によく見られるのは高い音ばかりに気を取られて低いメロディ部分を上ずった声のまま歌ってしまうこと。この"自分で自分の声をコントロールできてない感"はまさに下手っぽく聴こえてしまう原因になります。
まずはチェストボイスをしっかり出せるようになりましょう。


◯胸腔を鳴らす

チェストボイスのやり方は単純です。胸腔という喉〜胸にかけての空洞を響かせること。

まずは声を出しながらため息を吐いてみましょう。この時、胸を手を当ててみて下さい。喉仏が下がりそこに空洞ができることで、そこが響いてるはず。普通の喉だけで話す際のしゃべり声の時と比べてみて下さい。手を当てた胸の辺りが普段より振動していると思います。
この喉が下がった状態、胸腔を響かせたままで音程を取っていけばチェストボイスが出せる、というわけです。
無理に喉を下げようとして舌根を下げすぎてしまうと音が詰まってしまいますので、注意しましょう。


◯基礎の重要性

体のどこかを響かせる(低音は胸、高音は鼻、など)ためにはリラックスした状態で腹式呼吸の呼気がたっぷりと吐けていなければいけません。そしてブレスは肩でしないように、ただ、お腹の底に空気が戻る。
そういった発声の基礎が無ければ低音も高音も鳴らせないのです。

自分が基礎ができてるのか不安、という方は一度当校にご相談下さい。初心者の方からプロを目指す方にもしっかり丁寧に指導いたします。体験レッスンもあります。

一緒に良い声を目指していきましょう。

https://www.ghost-note.net

洋楽ボイストレーニング・渋谷恵比寿のボイトレ・ギター教室 ゴーストノートレコーズ

ボイストレーニング洋楽、ウクレレレッスン、アコースティックギター、エレキギターのレッスンなら

  • 所在地:〒150-0021
    東京都渋谷区恵比寿西2-17-22
    アプリュスⅡ 4F
  • 電話:03-3780-0848 Call
  • 時間:11:00〜22:00
  • アクセス
    東急東横線 代官山駅東口より徒歩4分
    JR山手線、営団地下鉄(東京メトロ)
    恵比寿駅より徒歩5分